多汗症に効果のある制汗剤

オドレミンの使い方と効果

多汗症対策にはオドレミンがおすすめ

はじめに

塗ると汗が止まる!という魔法のような制汗剤
「オドレミン ODOREMIN」
を思い切って使ってみたのでその感想について書きました。


まず、私の境遇についてです。
日々、大量の汗(特に顔から出る汗)に悩まされていました。
人前で話すとき、少しでも暑いと感じたら、そこからは大量に汗をかいてしまいます。
まわりは汗をかいていないのに・・。

人一倍 情報収集し、対策を考えてきた結果、オドレミンへ行きつきました。

購入方法

お店にも売っているようですが、手軽に買える通販がおすすめです。
amazon、楽天で約1000円で購入できます。
(お店で買っても1000円くらいだそうです)

1つ25ml入っています。
香水のビンのようで、見た目はオシャレです。

【amazonで購入する場合】

【日邦薬品】オドレミン 25ml

新品価格
¥1,080から
(2016/5/7 00:54時点)


【楽天で購入する場合】

【日邦薬品 オドレミン 25ml 医薬部外品】

価格:1,080円
(2016/5/7 00:53時点)
感想(24件)


使い方

~箱に書いてある使い方~
入浴後の清潔な肌に、ビンをよくふってから、
腋下など汗のかきやすい部分に適量を指先で塗布してください。

私の使い方についても書いておきます。
私は主に顔に使いました。

掌に3~5滴ほどオドレミンを出して、
化粧水を顔に染み込ませる感覚で塗っていきます。
両手でおでこを軽くたたいたりして、染み込ませていきます。

入浴後、部屋をエアコンを効かせた状態にしてから使用しました。
(使用中に汗をかくと効果がうすれるといった口コミもあったからです)

2週間に1~2度の頻度で使っていました。

効果

効果ありでした。
顔へ使用している方は少ないようですが、私には効果ありでした。
使用した翌日から1週間くらいは顔から汗が出にくくなりました。

朝、顔を洗う時に肌が水をはじいている感じがしたら
効果が持続していると判断していました。
水をはじく感じが薄れてきたら再度塗りなおすといった使い方をしておりました。

副作用

塗った箇所が乾燥します。
顔に塗った場合、顔がピリピリしたり、かゆくなったりします。
入浴後の寝る前に使用しているため、
顔がピリピリすることで寝つきが悪くなることもありました。

使った後、数日間は髭がそりにくい状態が続きました。
顔が水分を吸収しにくくなっているため、カミソリが上手くすべらない感じがしました。

おわりに

1000円で対策を打ちたいという方にはピッタリの商品です。
試してみる価値ですので1本購入することをおすすめします。

顔にも効果がありますが、顔の皮膚は敏感であるため、やはり脇や掌向けなのかなと思います。
顔の汗の対策としては、敏感肌ではない人という条件ではおススメできる商品です。

敏感肌の人に対しては、顔への使用はあまりおススメできません。
その場合は、飲み薬のプロバンサインの方を試していただければと思います。
多汗症に効果のある飲み薬 プロバンサインは通販で購入可能 処方箋なしでOK